GWのバイトを急に休むときの電話連絡(バイト休む)

バイトを急きょ休む際の電話連絡の注意点について

急にバイトを休んだ男性

 

どうしても休まなくては行けない時はある!予定に入っていたアルバイトをどうしても休むことになってしまう状況は誰にも訪れるものです。
とくにGW(ゴールデンウィーク)など大型連休中は、急遽バイトと別の用事ができたりしてシフトやバイトを休むことも…。

 

※ゴールデンウィークのバイトがまだ決まってない方はコチラ。

 

学校の試験や急な体調不良、公共交通機関のトラブル、そして家族の不幸などでどうしても行けないことがわかった時にはアルバイト先に電話連絡をしなくてはいけません。いくらちゃんとした理由であっても急な予定変更は現場でかなりの混乱を与えるため、慎重に電話連絡を行う必要があります。

 

基本的な注意点としては、いかなる理由であれ平身低頭を保つことです。台風や大雪などで公共交通機関がストップし、どうにも行けそうにない場合があります。とはいえ、前もってわかる天候の変化だった場合、事前に準備できなかったのかと思われかねません。そのため、申し訳ないという点を強調して電話連絡するようにしましょう。そして、次に行った際にそれを取り返すほど頑張れば何の問題もありません。

 

バイト休むときの対応が大事

一方、学校の試験や急な体調不良といった自己管理が問われるようなケースでも同様です。こうした理由で休む人の中には開き直って悪びれもしない人がいます。これでは店長や責任者の信頼を得られず、シフトに入れる機会が少なくなり、稼ぐことができません。そして、何度も学校の試験や急な体調不良を理由としていると、信じてもらえないことも出てきます。ですので、最大限の誠意を見せられるようにしましょう。

 

この場合では、アルバイト先にどうしても行けないとわかったその時点で電話連絡しましょう。夜からのアルバイトならば、午前中にでも連絡を入れるといいでしょう。午前中ならば店長などが他の人にお願いして、穴を埋めることが可能だからです。直前だったり、営業時間内だったりすれば、現場はただただ混乱します。前日までに分かっていれば、それに越したことはありません。

 

アルバイトを急に休むことになり、許してもらえるかどうかは普段からの勤務態度だけでなく、他の人も同様にアルバイトを休むことになって、自分自身が率先して穴埋めをしてきたかどうかも大事になります。普段からこうしたことをしていない人がいざその立場に立って主張しても、総スカンを食らうだけです。逆に、普段からやっていれば、いつも困っている時には助けてもらっているからと急な体調不良だったとしてもみんなで支えようという感じになります。

 

電話連絡での注意点は最大限の誠意と平身低頭を保つ、そして礼節をしっかりする。こうしたことを守って、電話連絡をするようにしましょう。